オーディション対策をする

歌うために必要な技術

楽譜通りに歌えることは、当たり前だと思ってください。
そこに感情を乗せたり、曲に合わせて踊ったりできると、より魅力的な歌になり、オーディションで自分をアピールできると思います。
しかし簡単なことではないので、しっかりと勉強したいならスクールに通ってください。
スクールでは、歌う時の声の出し方から学びます。

会話をする時と歌う時では、呼吸方法が変わると忘れないでください。
歌う時も会話をする時と同じような声の出し方では、大きな声を出せませんし、すぐに喉が疲れてしまいます。
これまでの歌い方が間違っていた人は、スクールで勉強しながら改善しましょう。
たくさんの知識や技術を身につけることで、うまく歌えるようになります。

専門的な講師がいる

スクールには、歌うことに関して詳しい知識を持っている講師がいます。
講師から直接指導を受けると技術が向上しますし、間違っている部分があれば指摘してもらえます。
独学だと間違ったまま練習し、喉を酷使してしまうかもしれません。
オーディション前に喉が枯れて、歌えない状態になったら大変なので、講師から正しい練習方法も教わりましょう。
特にマンツーマンレッスンだと、集中してレッスンに臨めると言われています。

自分のペースで歌を練習したい人は、マンツーマンレッスンができるスクールを探してください。
またスクールは、長期間通い続けましょう。
1回や2回通っただけでは、技術が上がりません。
何度も通い、練習を繰り返すことで成長できます。