よく見られるように工夫する

綺麗な外見になろう

歌手になるためには、見た目も向上しなければいけません。
ファンから見られる立場になるので、より綺麗に見えるように努力しましょう。
しかし顔に自信がないからと、整形する必要はありません。
顔を綺麗に見せるならメイクを頑張ればいいので、眉毛を整えたり、目を大きく見せる技術を学んだりしましょう。
最近は男性でもメイクをする人が増えているので、男性も勉強することをおすすめします。

さらに服装は、自分らしさを発揮できるコーディネートにしましょう。
しかし派手すぎる格好では、センスがないと思われます。
よってボトムスやトップス、小物の組み合わせを考えてください。
重要なのは汚れていない服を着たり、自分に合うサイズの服を選んだりすることです。

自分らしさを発揮する

指先や靴まで、オーディションでは見られています。
そこで、ネイルで個性を発揮してもいいですね。
しかしせっかくネイルをしても、はみ出している部分があると汚いと思われます。
綺麗に自分でネイルする技術がなかったら、サロンでやってもらった方がいいでしょう。

また靴も、綺麗な靴を履いて行くと好印象に見られます。
ところが、オーディションで購入したばかりの靴を履く人がいます。
履き慣れない靴は足が痛くなってしまう可能性があるので、気を付けてください。
痛みを我慢しながらオーディションを乗り越えなければならず、それでは負担が大きく、集中できません。
よって新しい靴でも、事前に何回か履いて慣れておくことをおすすめします。