人前に出ることに慣れる

大人数の前で歌う機会

これまでは1人で練習したり、通っているスクールの講師の前で歌ったりする機会しかなかったかもしれません。
しかしそのままでは、大勢の人で歌う機会がないままオーディションの当日を迎えてしまいます。
急に大人数の前で歌うとなると緊張して、いつもの実力を発揮できないかもしれません。

よって家族や知り合いの前で歌う機会を、どんどん増やしましょう。
また、定期的に発表会を開催しているスクールに通うのがおすすめです。
すると不特定多数の人の前で歌う機会を得られ、人前に出ることに慣れます。
このように、自分から人前に出て歌うチャンスを掴んでください。
さらに広い場所と大人数の前で歌うと、自分の歌声が遠くの人まで届くのかわかります。

身体をほぐしてから臨む

緊張で身体が硬くなっていると、いつもの歌を歌えません。
よって、オーディション前に身体をほぐすのがおすすめです。
しかしオーディション会場で、寝転がりながら本格的なストレッチをすることはできません。
その場で、立ったままでできる簡単なストレッチを学び、オーディション前に実行するといいですね。
ゆっくりと身体を伸ばし、さらにこの時は深呼吸をすることがポイントです。

すると次第に緊張していた心がほぐれて、リラックスできると思います。
また緊張していると、真顔になってしまいます。
しかし真顔だと怖い印象を与えるので、オーディション中は常に笑ってください。
そのためにもリラックスしながら、オーディションを楽しみましょう。